プロフィール

最新の記事

カレンダー

月間アーカイブ

カテゴリ

ついに当ブログは3000回目を迎えました!

2009年10月から延々とお付き合いいただいております。

まだまだ頑張っていきますね~。

さて先週の続き。

画像1

矢上でいい感じのお昼ごはんを探したところ、

たどり着いたのがカレー屋SAPUNA!

画像2

従業員さんはインドっぽい人達ですし、

メニューも本格的ですねえ。

画像3

今回はデラックスランチ!

マトンラムチョップの入ったカレーは

本場っぽい味がします!インドに行ったことは

無いんで知りませんが(笑)

タンドリーチキンもシークカバブも全てが

美味しい!リピートありですねえ。

さて昨日の続き。

画像1

日見から国道沿いに行くかと思いきや、

旧街道はちょっと高台を経由します。

道に迷う(笑)でもいい眺めです。

画像2

うろんころんしていたら矢上の番所に

何とか到着。そろそろお昼時ですねえ。

画像3

近くにはいかにも昔の施設みたいのが

佇んでいましたが、特に説明なし。

もったいなあいなあ。

さて昨日の続き。

画像1

峠道もトンネルも後にして、旧街道沿いの

町中を歩きます。なんだか道も程よく曲がっており、

立派な家もちらほら見えるのはやっぱり

旧街道沿いだからなんでしょうね。

画像2

そして長崎街道最初の宿、日見に着きました!

朝7時半に出て12時着なので近すぎ(笑)

当時も利用する方はあまりいなかったそうです。

画像3

そして国道34号線との交点では日見峠の

一覧がありました。今回の旅でようやく

コンプリートしたってことですね!

さて昨日の続き。

画像1

さあさあ先を急ぎましょう。竹林を下っていくと

前から長崎さるくのガイドさんとお客さん方が

歩いてきました。今から日見峠を超えるみたいですね。

この時点で11時頃でしたので、町には日のあるうちに

到着できるでしょう。

画像2

下っていくと芒塚句碑がありました。ここいらの地名の

基になった碑ですね。

向井去来という、松尾芭蕉の門人の句が彫ってあるそうです。

「君が手もまじるなるべし花薄」

画像3

さてようやく旧日見トンネルまで下りてきました!

江戸時代の峠道から明治の日見新道、そして

大正時代の旧日見トンネルとタイムスリップしている

みたいで何だか感慨深いですねえ。

さて昨日の続き。

画像1

日見峠を越えたら落ち葉だらけの急な

下り坂!何気に滑りそうでペンギン歩きですねえ。

関所跡とかもありましたがお役人は毎日登って

来ていたんでしょうか。

画像2

山道を下りきったところにまた日見峠の

標識がありました。これは?

画像3

おう!明治時代に作られた切通しの道ですね。

日本最初の有料道路とか(笑)。

道の先にはつい先ほど挨拶したご老人方が

座っておりました。なんか狐狸に化かされた気分(笑)

さて先週からの続き。

画像1

本河内ダムを後にして、多少道に迷いつつも

今回の山場、日見峠へと向かいます。

結構な急斜面!江戸に向かう当時のゾウも

この坂を上ったのでしょうか。

画像2

途中にいくつか茶屋跡がありました。

うんうん。ここに茶屋が有ったら

まあお茶とお団子くらいはいっちゃいますよね。

画像3

息も絶え絶えになりながらもどうやら頂上!

ここがいわゆる日見峠!西の箱根とうたわれた

難所でしたがなんとか踏破しました。ふひゅ~。

さて昨日の続き。

画像1

道の端々に何気にあるこの標識が!

実は長崎街道の道しるべだった…!

興味が無かったら全く気づきませんねえ。

画像2

本河内ダムに到着!日本で3番目に古いダム

でしたかねえ。2重のダムで、上の方は

昭和57年の長崎大水害の後に作られたそうです。

画像3

風光明媚!ダム湖って意外にきれいなんですねえ。

ちなみに町で買ったお饅頭はここで食べてしまいました。

振り返ってみると、ここで食べるのが一番美味しかった

のではないかと思います。

さて昨日の続き。

画像1

史跡一ノ瀬口蛍茶屋跡。電停のおかげで

蛍茶屋って地名は良く聞きますが、川沿いの

お茶屋で、長崎を旅立つ人を送る宴会が

開かれていたそうです。

画像2

こちらは青銅製の供養塔で青銅塔(からかねとう)。

1721年の大洪水で亡くなった方々の供養のため

建てられたそうですが、屋外に青銅の宝印塔に

建てられたのは全国的にも珍しいそうです。

画像3

こちらは石造りの供養塔で本河内宝篋印塔。

このタイプでは長崎市内で最大だそうです。

さすが街道!なかなか見ない史跡旧跡てんこ盛りです。

さて昨日の続き。

画像1

新大工商店街入り口には長崎街道の

案内板が有りました。この行程をなぞって

行ってみましょう!

画像2

町で饅頭こうて日見で火もろて矢上で焼いて

古賀でこんがらかして久山でうちくうた~♪

長崎街道の地名を歌ったわらべ歌ですが

一定年齢以上の長崎人ならだれでも聞いたことが

有るはず!そこで平井餅饅頭店で酒蒸し饅頭を

買いました。店のお姉さんが「今すぐ食べると

一番美味しいですよ…」でもわらべ歌のせいで

すぐには食べないお客さん続出なんだろうなと

感じさせる微妙な案内をしてくれました。

画像3

さあて饅頭も買ったし、日見峠に向けて出発!

なかなか長崎から脱出できませんね(笑)

 

さて新企画!旧長崎街道を歩いてみましょう!

長崎→北九州を結んでいたかつての街道。

オランダ人や、ゾウまで江戸まで歩いた

その道を実際に歩いてみたくなりました。

家内と一緒にスタートです!

画像1

まずは出島の門前町だった江戸町より

スタートです!ここからゾウも旅立ったはず!

画像2

ちょっと寄り道して諏訪神社前。

伊能忠敬も泊まった宿跡みたいです。

画像3

ついでに松の森神社に立ち寄ると

御神鶏がワラワラと寄ってきました!

次回に続きます。

 1 | 2  >>